ホーム ビジネス 設備 製品 会社案内 メール

■精密板金+3Dプリンターによる次世代型試作開発支援サービス

多品種小ロット精密板金加工+3Dプリントによる 次世代型試作開発支援サービス

部品1個からの多品種少量生産に対応した精密板金加工と 3Dプリンターを活用した樹脂パーツを組み合わせることで 金型レスでありながらクオリティ―の高い試作品製作や少量品の 製作が可能となります。 例えば、板金加工では難しかった曲面を多用した3D形状のカバーなどを 3Dプリントを活用し樹脂素材で製作することにより、デザイン性の高い形状で製作が可能となります。 当然高額な樹脂型費用は掛からず、1個からでも製作が可能です。 3Dプリントについては弊社保有のプリンターでの出力または提携先のプリンターでの出力となります。 3Dデータや板金加工図面は原則お客様側でご用意をお願いしていますが、 3Dプリントデータ作成や3Dモデリングについては 弊社提携先のクラウドソーシングをサービスを利用することも可能です。


3DPRINT.jpg


次世代型試作開発支援サービス乃関する取材記事

■林製作所のクラウドソーシング活用事例
(中小企業庁の「中小企業におけるクラウドソーシング実践的活用促進事業)


■次世代型試作開発支援サービス 取材記事
(群馬経済新聞 2016年4月)
 


林製作所のクラウドソーシング活用事例(DMM.make)

弊社では3Dプリントデータ作成や3Dモデリングについてクラウドソーシングサービスを活用しております。下の画像をクリックしますと弊社の事例紹介インタビューをご覧いただけます。 dmm.jpg